カフェに正社員で就職するのは難しい? 専門学校で知識やスキルを身に着けよう | 東京ベルエポック製菓調理専門学校| パティシエ・シェフ・カフェのプロを目指す

カフェに正社員で就職するのは難しい? 専門学校で知識やスキルを身に着けよう

2019 年 10 月 15 日 | Topicsコラム

カフェ業界で働き、キャリアアップを目指していくなら、正社員として就職するのがおすすめです。就職難易度の高い志望先であっても、専門学校で知識やスキルを身に着けておけば、採用される確率がアップするかもしれません。今回は、カフェの正社員に関する知識や業務内容など、さまざまな情報をお届けします。

カフェ業界で働きたい! 正社員の求人はある?

カフェ業界で働いていくなら、給料が安定し、キャリアアップも行いやすい正社員が魅力的です。カフェの正社員の求人は、どのくらいあるのでしょうか。また、就職の際に必要な資格や経験はあるでしょうか。

正社員募集しているカフェは多くはない

求人情報誌をみてみると、正社員募集しているカフェはそれほど多くありません。また、正社員採用をしているカフェの多くは、規模の大きなチェーン店です。個人経営のカフェは人件費削減のため、なかなか正社員を募集することがありません。たいてい、時給が低く労働時間も短いアルバイトでの採用になります。

個人経営のカフェは店頭のチラシや店のホームページにて店員募集しているところが多くみられます。働きたい店があれば、直接出向いて確認するのがおすすめです。

チェーン店の正社員は、将来的に店長となる人材を募集しているところが多くみられます。店長になると、ホールやキッチンなどの全般的な業務のほか、従業員の教育や食材の仕入れ、売り上げの管理など、経営に関する仕事にもかかわっていきます。企業によっては店舗業務を経験した後に本社へ配属され、営業や広報などの部署へ行くこともあるようです。

必要な資格や経験は?

カフェの正社員求人をみると、特別な資格や経験を求めているところは多くありません。ただ、接客や調理経験があれば選考時に有利です。

即戦力を求められるカフェであれば、バリスタの資格が役に立つ場合があります。バリスタはコーヒーやドリンクなどのいれ方を熟知したプロのことです。国内外にさまざまな資格試験が存在しますが、UCCコーヒープロフェッショナルやJBAバリスタライセンス、Qグレーダーなどが有名です。バリスタとして働きたいなら、資格を取得しておくのも良いかもしれません。

正社員として働くメリット

店にもよりますが、やはりアルバイトやパートだと任されない業務も出てきます。カフェに関する業務を幅広く経験したいなら、正社員がおすすめです。責任も大きくなりますが、その分やりがいもあるでしょう。いずれは独立して自分のお店を持ちたいと考えている方なら、チェーン店の店長として経営の経験を積む選択肢もあります。

カフェによって業務内容はさまざま

カフェとひと口にいっても、店によって業務内容は異なります。モーニングを提供している店舗もあれば、フードは最小限でドリンクに力を入れているところ、夜間になるとBARになる店もあります。

モーニングがある店なら、正社員は早朝の出社となります。反対に、ディナーのある店なら店じまいが遅くなるため、帰宅は深夜になることもあります。

お客さんがいないときは、食事やドリンクの仕込みのほか、掃除や備品の補充などの業務。開店すると、接客や調理、会計、片づけなどの業務を中心に動くことになります。正社員だと、それに加えて事務作業やアルバイトへの指示なども行う場合があります。特に人数の少ないカフェなら、一人ひとりの負担は増えがちです。幅広い業務をオールマイティにこなせる能力が求められます。

志望先を探す際に大切なのは、自分のやりたい仕事ができそうかどうかに注目することです。例えば、コーヒーをいれるスキルを磨きたいのにホールの仕事がメインの店へ入社すると、なかなか技術を習得する機会が訪れません。自分の目的を明確にし、できるだけスキルアップしやすい店を選びましょう。

未経験なら専門学校に通うのもおすすめ!

カフェ正社員の求人が少ない中、望みの志望先へ就職するためには、ある程度のスキルを身に着けておくのがおすすめです。即戦力としてアピールできれば、まったくの未経験者より採用される確率が高くなるかもしれません。

カフェスタッフとしてのスキルを磨くには、専門学校へ通うのがおすすめです。座学にて幅広い知識を学べるほか、実習でさまざまなドリンクやフードの調理方法を教えてもらえます。特に、本格的なマシーンを使ってコーヒーをいれる練習は、自宅ではなかなかできません。専門学校なら機材がそろっているため、練習を繰り返してスキルを高められます。

専門学校では、プロの講師が指導を行ってくれます。基本的な技術から細かいアレンジ方法までレクチャーしてくれるため、未経験の方でも安心して学べます。同じクラスの学生同士で感想を述べあったり、情報を共有したりできるのも魅力です。

おわりに

東京ベルエポック製菓調理専門学校では、カフェ業界で働きたい方向けのカフェビジネス科を開設しています。期間は1年間なので、短期間で学びたい方にもおすすめです。カフェ専攻・バリスタ専攻と分かれているため、ご自分の興味があるほうを選べるのも魅力です。資料請求はいつでも受け付けているため、ぜひお気軽に問い合わせてみてください。

«  |  »

ブログ
  • カレンダー

    2019年11月
    « 10月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • 月別バックナンバー

  • その他

    • 資料請求
    • オープンキャンパス