パティシエになるなら専門学校へ行くのがおすすめ! | 東京ベルエポック製菓調理専門学校| パティシエ・シェフ・カフェのプロを目指す

パティシエになるなら専門学校へ行くのがおすすめ!

2019 年 4 月 22 日 | Topicsコラム

パティシエになるには、未経験で就職する方法と、専門学校に通う方法とのふたつのルートがあります。

どちらの道にもそれぞれメリット・デメリットがあり、人によって合う方法は異なります。ただ、未経験の場合は専門学校で学んでから就職するのがおすすめです。専門学校へ通うのには、どういったメリットがあるのでしょうか?

パティシエになるにはどんなルートがある?

未経験からパティシエになるには、パティスリーやレストランなどに雇用されて修行を積むか、専門学校に入学して知識や技術を学ぶかのふたつの方法があります。

「製菓衛生師」資格はパティシエになるのに必須ではないものの、取得しておくと便利です。一定の製菓技術や衛生知識があることの証明となるため、就職に有利になることもあります。試験を受けるには2年の実務経験か、厚生労働大臣指定の養成施設で1年以上学ばなければいけません。

未経験で就職することのメリット・デメリット

未経験で就職することには、メリットもあればデメリットもあります。

メリットは、すぐに働けるためキャリアを長く積めることです。現場に出て実践しながら経験を積みたい方にはおすすめです。もちろん、給料ももらえます。

デメリットは肉体的・精神的に負担が大きくなることです。新人は毎日朝から深夜まで業務に追われながら、覚えなければならないこともたくさんあります。働きながら勉強していくのはかなりハードです。また、働きはじめるまでどんな技術が身につくかわからないのも不安点です。店によっては、満足いくスキルが得られないこともあります。

最近ではパティシエ経験があるか、専門学校を卒業していないと、就職が厳しいといわれています。まったくの未経験者を育てるつもりで雇用するところは減っているようです。もちろん、根気よく探し続ければ、未経験でも雇ってくれる店はあるでしょう。

専門学校へ通うことのメリット・デメリット

専門学校なら、座学の時間でしっかり理論を学べます。店での修行だと、OJT形式が中心で、理解するより先に業務に追われることが多くなります。じっくり学ぶ時間を取れるのは専門学校ならではのメリットです。

専門学校を卒業しておけば、未経験でも就職しやすいのもメリットです。専門学校卒の学位が得られるため、最終学歴をアップしたい方にもおすすめです。

デメリットは学費がかかることです。一人暮らしもするとなると、まとまったお金が必要になります。また、学校によるものの1~2年の就学期間があるため、早く社会に出たい方には向きません。

専門学校の選び方は?

メリット・デメリットを把握し、メリットがデメリットを上回るようなら専門学校に通うのがおすすめです。進学を決めたら、どの学校に通いたいのか考えましょう。ここでは、専門学校を選ぶ際の基準をいくつかご紹介します。

目標を見極めよう

まずはしっかり自分の目標を定めるのが大切です。将来どういったパティシエになりたいかによって、選ぶ学校も変わってきます。自分の将来に役立つことが学べる学校を選びましょう。例えば、結婚式のケーキを作るパティシエになりたいなら、ウエディングケーキ作りを学べる学校がおすすめです。

取得できる資格を確認

学校によって取得できる資格は異なります。進学先ではどんな資格が取れるのか調べましょう。特に、製菓衛生師資格は国の指定する学校でしか取れません。

授業内容は充実している?

授業内容については、実習が多いところがおすすめです。座学はもちろん大切なものの、実際に作ってみなければ身につかないこともあります。お菓子を作る技術は練習を繰り返すことによって高まります。実習が多いほど、上達が早くなるでしょう。

海外研修があるところなら、学生のうちから本場のお菓子作りが学べます。世界のトレンドを肌で感じたい方は、海外研修のある学校を選びましょう。

近距離? 遠方?

実家から通える距離の学校にするか、遠方の学校にするかも重要です。実家から離れた場所の学校なら、引っ越して一人暮らしする必要があります。一人暮らしを行うなら、サポート体制の整った学校が安心です。

学費に関する悩みも

経済的な事情で、学費に関する不安を持つ方もいるでしょう。お悩みの方は、奨学金や特待生制度を活用できる学校を探してみてください。

気になる学校があれば、ホームページやパンフレットをよく読み、自分の通学する姿を想像しましょう。ただ、資料だけをみるのと実際に行ってみるのとでは、印象に大きな差があります。オープンキャンパスに行けるようなら、ぜひ参加してみてください。

おわりに

まったくの未経験からパティシエになる道もありますが、専門学校で基礎を学んでからの就職もメリットが多数あります。製菓を学べる専門学校への進学を決めたら、授業内容や身に着けられるスキルなどを徹底的に調べましょう。

東京ベルエポック製菓調理専門学校では、2年でパティシエになるためのスキルが身につきます。厚生労働大臣指定の養成施設のため、製菓衛生師の資格も取得可能です。資料請求やオープンキャンパスの申し込みは随時受付中のため、いつでもお問い合わせください。

«  |  »

ブログ
  • カレンダー

    2019年5月
    « 4月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • 月別バックナンバー

  • その他

    • 資料請求
    • オープンキャンパス