製菓衛生師

在学中に国家資格「製菓衛生師」取得を目指す

「製菓衛生師」ってどんな資格?

製菓衛生師法に基づき「美味しく」、衛生面においても「安全」な、お菓子を作るための知識・技術を備えていることを証明する「国家資格」です。

今まさに必要とされている「食の安全」を守るための資格

新しいスイーツ商品がどんどん登場するなか、それをつくる過程は複雑になり、取り扱う食品の数も増えてきています。その一方で、「食の安全」の問題が毎日のようにニュースーで取り上げられているのも事実。そんな今だからこそ、正しい衛生知識を身につけた「製菓衛生師」を持つパティシエが、多くの現場で求められています。ベルエポックでは合格するまで充実した無料サポートでみなさんを支えます。

どうして、国家資格を持っている方がいいの?

メリット1

おいしいお菓子づくり
には専門知識が必要

お菓子作りに必要な知識を得ることで、
応用が利くようになります。

メリット2

就職に有利!

厚生労働省が定める国家資格だから
業界での信頼性はとても高く、
全国どこでも実力を証明してくれます。

メリット3

衛生管理のプロとして
認められる

お店の衛生管理を任せられる人と考えられ、
お客様に安全な商品が提供できます。

在学中に受験資格が得られます。

本校は製菓衛生師養成校のため、在学中に受験資格が得られ、2年次に全員が受験します(通常は2年の実務経験が必要)。食品衛生学、製菓実習など、製菓衛生師に必要な知識・技術を修得します。

製菓衛生師合格実績