調理師免許

卒業と同時に国家資格「調理師免許」取得!

調理師免許とは

調理師とは「料理を作る専門家」という意味です。国家資格「調理師」の免許をとって活躍している人は全国で約300万人。資格がなくても飲食店で「料理を作って働く」ことはできますが、「調理師」と名乗るには、免許をとる必要があります。

調理師免許は食のプロの証明

調理師は食中毒などを防ぐ衛生管理の知識や栄養のバランス、食材に関する基礎知識、食文化などを網羅的に学んでいるので、この免許を持っていることは一定の総合力があるという印になります。調理だけでなく、食材や衛生管理も把握していると認められている調理師免許を取得すれば、就職・転職に有利です。一流の料亭やホテルでは、調理師免許をもっていることが応募の条件になっていたり、資格を持っている人には特別手当が付くこともあります。 最近は、賞味期限の問題や健康ブーム、アレルギーなどで「食」に対する意識が非常に高まっているため、「調理師」として食に対する技術だけでなく幅広い知識を持っていることが、活躍の幅を広げるチャンスになるのです。

調理師免許を取得するには

  • ・調理師試験を受験し、合格する
  • ・厚生労働大臣指定の調理師養成施設を卒業する

東京ベルエポック製菓調理専門学校は、厚生労働大臣指定の調理師養成施設に認定されているため、卒業と同時に試験を受けなくても自動的に調理師免許資格を取得することができます。

自分で調理師試験を受験する場合には、2年以上の実務経験を持ったうえで、7科目の筆記試験に合格しなくてはなりません。 東京ベルエポック製菓調理専門学校では、包丁を握ったことがない・・・という方でも調理実習で基礎から丁寧にお教えし、栄養学等で知識を深めていただきますので、2年以上の実務経験に相当する技術・知識を身につけることが可能と言えます。

調理師免許が取得できるのは調理師科(昼間・2年制)